Category Archives: 話し合い

 

人員確保のために

近年になって増加の一途を辿っている高齢者ですが、医療施設や介護施設が増えるペースに比べて、働くスタッフの数はなかなか増えないのはどこも同じでしょう。
足りないスタッフを補うために、どうしても残業が常態化してしまいます。
また職場の雰囲気から、サービス残業をせざるを得ないという人も多いようです。
しかし無理をして働き続けても身体を壊し、辞めてしまう人がさらに増えて、仕事が余計に厳しくなるだけです。
そうした悪循環をなくすためにも、看護師や介護士が必要以上に残業をしないためにはどうすればよいのでしょうか。

残業を減らす方法としては単純に、従業員を増やすことです。
ただし急に「人を増やしてほしい」と管理職の人に直談判しても、その場でごまかされて終わってしまいます。
人を雇うのにもお金がかかりますので、現状でどの程度残業があり、どれだけ費用がかかっているかを訴えれば人を増やすことも考慮してもらえるでしょう。
そのためには、まず無駄な業務や効率の悪い業務が無いか、一緒に働く人と情報を共有して、改善出来ないかどうか話し合う必要があります。

また、サービス残業をしていると、通常業務以外の仕事量がハッキリわからなくなってしまうことが多いものです。
そのため残業時間をきちんと申請するよう、従業員全員に働きかけると良いでしょう。
根本的に残業をなくすためには、職場の同僚の協力は不可欠です。
過剰な残業に悩んでいるのであれば、まずは職場の中で話し合う機会を作るところから始めてはいかがでしょうか。
日々の残業に追われて疲れ切っている人は、就労時間で帰れる仕事の仕方や職場を知ることが大切です。